» anzennousan-wpの記事

お友だちご紹介キャンペーン

お友だちをご紹介頂いて「お試し供給」がスタートしたら、リンゴジュースをプレゼント!

以下のリンクをクリックすれば、サンプル野菜セットの申込用紙がダウンロードできます。

2022年春拡大チラシ

 


スタッフ募集中!

正職員募集(若干名)

畑の見学も企画します

有機農業を通じて日本の食の在り方、生産者と消費者とをつなぐ仕事に就いてみませんか?

週3~4日、トラックで会員さん宅を回り、有機農産品や国産の食材を届けて回ります。

産地にも行って頂いて農産品を集めて回り、時には精米もしたりと、農業や畜産、漁業といった第一次産業の現場を生で見れるというやりがいのある仕事です。

■給与 17万円~(年齢、経験によって考慮)

■勤務 8:00~17:00(担当エリアおよび季節によって残業あり)

■休暇 日曜(2週に1回、土曜ないし月曜も休み)、年末年始休暇その他随時休暇

■法定福利 各種の社会保険加入あり 

■勤務地 京都府宇治市槇島町目川118-7(近鉄向島駅徒歩15分)

■業務内容 2トントラックで会員宅への配送および生産地集荷、各種農産品の企画および仕入。

       NPO法人「使い捨て時代を考える会」の生産者と消費者の仲立ち

■その他 20~30代の朗らかな方を求めます。将来、幹部登用あり。2トントラックを運転できる免許が必要です(AT限定可)

■問合せ先 安全農産供給センター(0774-22-4634)仁木まで

会員さんとのやり取りが楽しみです

会員さんに届ける野菜セットも作ります


オンラインマルシェに出ます!

突然ですが、安全農産供給センターと「NPO法人/使い捨て時代を考える会」とで、オンラインマルシェに出店することになりました。京田辺市の会員(なないろの空)さんが主催して下さり、有難くもお誘いを頂きました。
 コロナ禍で、会もセンターも人が集まるような企画が立てにくくなっていますが、春の会員加入のチャンスの時期も迫り、情報発信はしていかねばなりません。
 当日は理事会からのメッセージと、#野菜セット の出品を行う予定です。是非とも、3月12日のこのマルシェの情報の拡散をお願いしたく思います。当日はZOOMでのご参加になります。訪問するには「なないろの空」さんのメルマガに登録して頂く必要がありますので、以下のリンクから登録(ツクツク)すれば、前日にZOOMのIDが送られてきます。
会員の皆さんもぜひ見に入って下さいませ


ミッチーの畑だより 11月号

ミッチーの畑だより 11月号

 

奈良県・御所地区編

10月28日に御所地区の上田誠宏さんと北村隆史さんの圃場を見学しました。

■上田誠宏さんの畑

 上田さんは秋野菜に里芋・山芋・ジャガイモ、冬野菜に白菜を、春野菜に春キャベツ・玉ネギを栽培しておられます。上田さんの家の前の家庭菜園用の圃場の奥の圃場では山芋を栽培しておられます。もう収穫時期なので試し掘りされたのですが、カナブンの幼虫とみられる虫食いの被害に遭っていてほとんど出荷出来ない状態でした。掘っても見込みが無さそうで収穫を断念されたそうです。とても残念です。

家庭菜園用の圃場の一角に白菜を栽培しておられます。全部で200株ほど定植されたそうですが、虫食いも無くとてもきれいな状態で、すくすく育っていました。このまま順調に育って収穫できたらと願います。

それと対照的なのが家の上にある圃場で、300株ほど定植されたそうですが、見に行くとほとんど株が残っていませんでした。根切り虫の被害に遭っているそうで、根っこと葉っぱのつなぎ目の株元を真っ二つに切られてしまい枯れていました。日に日に株の数が減っているそうで、このままだとこの圃場に植えた白菜は収穫出来ないとおっしゃっていました。

ビニールハウスでは春キャベツの苗と玉ネギの苗を栽培しておられます。春キャベツは育苗トレーに一粒ずつ種を播いて育苗されるそうで、見学したときは播種から一週間ほど経っていて双葉の芽が出てきていました。また、玉ネギの苗も畝に育っていてもうそろそろ圃場に定植する予定だそうです。しかし、どちらも根切り虫の被害に遭っている圃場に定植される予定だったそうで、どこに植えるか迷っておられるとのことでした。

その上の圃場ではジャガイモを栽培しておられます。こちらは順調に育っていますが、ところどころで葉が萎れている株がありました。よく見てみると土に近い茎がかじられて枯れている状態でした。どうやらこれも根切り虫がかじっているのではと上田さんがおっしゃっていました。しかし、萎れている株の数が少ないので影響はそれほどなさそうです。

上田さんの家から一番上の圃場では里芋を栽培しておられます。先月見学した時からあまり変化はなく大きくなっていませんでした。むしろ寒くなって縮んだような気がします。まだ掘ってはおられませんでしたが、芋が小さかったり量が少なかったりするのではと上田さんは心配しておられました。

■北村隆史さんの畑

北村さんは秋野菜に里芋・ジャガイモ、春野菜に玉ネギを栽培しておられます。前回に白菜の苗を育てておられたと書きましたが自家用だそうで、今年は出荷用には栽培しておられないそうです。

家の前の圃場ではジャガイモを栽培しておられます。今回見学すると花が咲いていました。葉っぱも青々としていて順調そうでした。家から少し離れた圃場では里芋を栽培しておられます。こちらも順調に育っていてもうそろそろ収穫を迎えます。

家の下の元鶏舎裏の圃場では玉ネギの苗を育てておられます。3種類の苗があるそうで、写真手前から早生・中生・晩生の苗だそうです。

もう定植できそうな大きさに育っているように見えましたが、北村さんにお話を聞くと前回この大きさで定植されたそうで、小さいのが多かったのでもう少し大きくしてから定植されるそうです。


ページトップへ戻る