安全農産の魅力、会員の声

はじめての方にはちょっと分かりにくい安全農産の魅力。本当はたくさんあるんです。そんな魅力の数々を現役の消費者会員さんに語っていただきました。

会員さんの生の声にぜひ耳を傾けてみて下さい。

S・Kさん(宇治市消費者会員)

 入会して一番よかったことは、夫婦間の食に対する認識の差が縮まったことです(笑)。最初は取り扱い品の価格だけ見て「高いなー」と入会には賛成していなかった夫ですが、入会して槌田さんの話や他の会員さん達の認識の高さや人柄、取り扱い品の正しさなどに次々と感化され、今では私(妻)以上に安全農産供給センターの“ファン”になっています。

 安全な食品を宅配してくれる業者は他にも色々ありますが、安全農産には理念や社会行動が基盤にある。社会に対して間違っていると思うことを行動に移すことは、子育て中の今はなかなか難しいので、我が家は安全農産で会員を続け、センターや会を応援していくことが我が家の社会行動だと思っています。家族皆で安全農産が大好きです!

 家族で応援しています、安全農産!

だまされたと思って

食べてみなはれ、この野菜」

K・Sさん(右京区消費者会員)

 それはなんといってももう

    「野菜のおいしさ・うまさ!!」です。

 弟が愛知県で就農していたり、20代から自然食品店で働いてきて色々な野菜を食べてきましたが、安全農産の生産者の方の野菜は格別だと感じています!!

 けっこう虫食いもひどく手元に届くまでに時間がたってしまうのか葉っぱなどはしなぁ~っとなっている時がよくあります。見た目は正直言って「えっ???」と時々今でもびっくりします。(すみません正直すぎて失礼ですが)でも、しなびた元気のない葉っぱ君もすぐに水にひたしてやれば元気になります。もし元気が完全に戻らずとも料理してあげれば…あら不思議!!めちゃくちゃうまい。甘い!!味が濃い!!おいしいのであまり味付けをあれこれ考えずともシンプルに頂けるので料理に時間もかからずいいとこだらけ!価格があらかじめ決まっているのでちょっと高めに感じることがあるかもしれませんが、天候不順で市場価格がバカ高い時に、新鮮で安全でうまいレタスを半額くらいで食べた時の幸せ感といったら…。色んな有機野菜、無農薬野菜の宅配はありますが、野菜のレベルは安全農産が1番です!!と言いきります!!(京都近郊でです)

 

 

Y・Iさん(高槻消費者会員)

 40代の頃からアトピー、喘息に悩まされていました食の大切さは知っていましたが、虫食い野菜、高めの価格、少し変わった人達が利用しているとかの先入観があった為関心がありませんでした。

 しかし60歳を過ぎても周期的に顕われるアトピーにいい加減なんとかしなくてはとも思いが強くなっていた時御縁があり利用してみることとなりました。

 入会して安全農産を利用するうちに食を通して改めて社会の仕組み、矛盾等をおしえて頂いています。日本の現状、世界との関わり、うかうかしてられませんね。

 安心して食べられることの喜び、そして利用するごとに美味しさを実感しています。安全な物はおいしく力があります。アトピーは少しずつ改善しています。

素敵な会員さん達と知り合えたことも

安全農産の大きな魅力の一つです。

 

 

 

 

 安全な物は美味しく力があります!

 子供達が元気で笑顔になった!

Y・Yさん(高槻・茨木消費者会員)

安全農産は高いというイメージがあったんですが、友達のすすめで入会したらイメージと異なっていました。

スーパーで野菜を買うのと比べると100円ぐらい高いものもありますが、低農薬の野菜を買うことを考えたら安い方かもしれません。

 

 

 

入会する前にいろいろな所の低農薬や無農薬の野菜を調べましたが、1番安全で安いのはここだと思い入会しました。野菜が美味しいと子供達もしっかり食べてくれるし、前に比べると病気にもなりにくくなりました。農業教室や流しそうめんのイベントなどの参加もできる事を考えたら入会してよかったと思います。イベントでは子供達もすごく楽しませてもらって感謝の

気持ちでいっぱいです。

 安全、安心、おいしい、

    だけじゃない!

K・Hさん(京田辺消費者会員)

生産→流通→消費→だけでない、循環の「環」の中にいるんやなぁと云う気持ちになれます。自分たちも「自然」の一部で『自然そのものの営みを繰り返して巡るものと云う事に気付かされ、感じさせられるものがあります。たくさんの「おかげさん」で成り立っている生活と気付き、本当の豊かさにつながる「経済的な巡りのある所に身をおく機会を頂いています。とってもありがたいです。

 

 安全農産の5つの魅力

こちらのページをご覧下さい

J・Kさん(京田辺消費者会員)

 この会に入会したキッカケがパック野菜でした。世間でJAS有機野菜と表示されていても、それは認められているとする農薬を使われていたりするそうです。安全農産独自の基準で安心できる有機野菜を供給する団体は安全農産供給センターしかないと思っています。季節のものonlyというところも、まさに親戚の畑で作ってもらっている感じです。供給を受けるまでは野菜の旬を知らず、また端境期(はざかいき)があることも知りませんでした。パック野菜は自然と季節を肌で感じることができます。1年待ったキュウリ、トマト、そして冬は大根を食べた時のおいしさは格別です。

 また品目が多い時はパックニュースを冷蔵庫に貼り、食べ終わったものから線で消していきます。青菜はゆでて絞って切り、味を付けると1束ペロリと

食べられ快腸(調)となります。

 

 

 

 

 自然と季節を感じるパック野菜